スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズマスター改

2010年01月25日 01:44

PA0_0268.jpg

ドラゴンボール改…ってネーミングはどうかと思うんだ
なんか、もっちょといいのあったろw

日曜の朝にやってて、たまに見るんですが
今はちょうどフリーザ編ですね。
かの有名なあの時期ですがw

見ていると
色がなんか変な気がするんですよ。
なんだろ?

サイケデリックな色相というか、
昔見てたときこんな感じの色だったかなぁ?と
思うわけです。

気のせいかな?


まあその話はさておき、
ジャズマスターのピックアップを交換しました。

セイモアダンカンのSJM-2bとSJM-2nですね
リアとフロントの両方を変えました。

そもそもがあまり種類がないのか、
ジャズマスのピックアップを楽器屋さんで見たことがないです。

というわけで直輸入のサウンドハウスで(たぶん)かなり安く手に入りました。


のせ変えてみた感じは

中域、というよりは低音域のパワーがかなり持ち上がった感があり
ジャズマス本来のペケペケとしたサスティーンのなさがカバーされたような気がします。
ただその分ジャキジャキとした高音域がちょっと押さえられてしまい
こもる音になりがちになってしまったような気がします。
でも中域の音のヌケが格段に上がりとても歪ませたらとても良い感じになったような気がします。

まあ、もともとこの私のジャズマスは要所要所が改造してあり

コンデンサーはオレンジドロップ
ポットは2つとも確かUSA使用にしていて
ジャックとスイッチはスイッチクラフトに変えていて
線材もすべてなんちゃらワイヤーに変更して
ハンダもケスター44という音が良くなるというハンダを使用しています。

さらには、本来の3段階のトーン回路ではなく、
どこかのサイトで紹介されているレトロトーン・サーキットというプリセット・トーンをさらに3段階に変化できる回路でして、
実質6段階のスイッチになるわけですね。
コレによりかなりわがままができます。フロントなんでめったに使いませんが(笑)
これの改造は大学時代の先輩にやってもらいました。
いやはや革新的でした。

なので今回改造は
”本来のジャズマス”もクソもなくなってはいるような感がありますがね(笑)

音作りがまっさらな状態なんでしばらく思うように音が作れないと思います。
でも、つまみをぐりぐりいじってコレだ!!って音を探すのが楽しいのよね。
長い道のりですがねww


今気づいたけどさ
写真アップしたけどさ、

改造したお!ってんだからさ、
外見の写真じゃなくてさ…

中身の写真じゃなきゃ意味ないよな…orz



ハイウェイ/くるり
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://garublo.blog42.fc2.com/tb.php/111-86a7519e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。